• 最近の投稿
  • Category
  • Tag Cloud

購読 / シェア

2017年7月
« 3月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
Toggle

ソフトスチーム野菜

ソフトスチーム野菜
天神農園天神農園

天神農園は、埼玉県上里町で自然農法にこだわり、安全・安心の食材の栽培から加工まで、トータルな商品づくりを通じて皆様の健康に寄与することをコンセプトに運営されています。

ソフトスチーム野菜とは

ソフトスチームは今までにない食品加工技術です。
早稲田大学、埼玉県、民間会社との産学官共同研究で生まれたソフトスチーム技術を利用し加工温度、時間をコントロールする独自の技術で、新しい食材価値を生み出します。
温度帯20~98℃、常圧での飽和湿り空気を利用した食品加熱技術であり、食材本来の素晴らしさを損なわず、今までは不可能であった食材の可能性を模索できる技術となっています。
今後、様々な方面での活用が予定されています。

日本人の食を考える。

現代の私たちの食事は、昔と比べると欧米化し、それに伴い体質も変わってきたといわれます。その一方でヘルシーな食べ物として和食が日本のみならず海外で人気であるのも改めて注目すべき現象です。現代日本における病死の原因の多くは、生活習慣病で占められています。そして、癌、心疾患、脳血管疾患などの病は、高度に進化した現代医療でも根本的な療法は確立されてないというのが現状です。そこで登場するのが予防医学という考え方です。「病気になったら治す」に対して「病気にならないよう予防する」というものです。生活習慣病は、その名称が示すように日々の生活、特に食生活が大きな要因だといえます。
食は私たちの血肉をつくる健康の源、可能な限り体に良い食事を摂ることが大切だということです。急速に高齢化が進む現代の日本。高齢者にとって避けられないのは年齢とともに衰える免疫力です。予防医学とは、生活を通して自然治癒力を維持し、病気に負けない勁(つよい)心身を保つことにほかなりません

地産地消は食の原点。

日本の農産物は、工業製品同様に安全・安心な食材として認知させています。日本の農業は、産業としての課題だけではなく食糧自給率という点でも国民とって重要です。さらに私たちの健康を考える上で、日本の大地・空気・水によって育まれた野菜や果物であることが意味を持ってきます。「水が合う・合わない」と言葉があるように同じ食材でも体質との相性があります。つまり、人間を含め生物はその環境に準じた育ち方をする、長い年月をかけ私たちの体質も順応する。だからこそ日本産の食材は日本人のDNAに合っているという訳です。

Return Top